医者

メニエール病の原因を追求する【健康アップ委員会】

症候群と治療

症候群

female

メニエール病とメニエール症候群は、名前こそ似ていますが、全く別物です。メニエール病は内耳にリンパ水腫が生じて起こる病気です。それに対して、メニエール症候群というのは、原因が全く不明です。しかし、メニエール病と同じ症状が出ます。つまり、定期的かつ繰り返しめまいや吐き気が起こります。ちなみに、注意点ですが、別にこのような病名であるというわけではありません。メニエール病に似た病気の総称です。したがって、具体的には前庭神経炎などを指します。なお、体質的なものが原因で発症するものもメニエール症候群に分類されます。たとえば、自律神経が乱れやすくて吐き気やめまいが生じたりする場合です。このような人も、メニエール症候群です。

薬物療法と手術

メニエール病の治療として利尿剤が使われます。余分な水分を体外に排出することが目的です。一般的にはイソバイドという利尿剤が使われることが多いのですが、飲みやすいというものではありません。そのため、他の飲料水と一緒に飲むことになります。しかし、注意が必要です。牛乳で割るのはいけません。イソバイドが凝固してしまいます。また、めまいや吐き気対策としてビタミン剤が使われます。しかもビタミンB12は聴力の改善にも役立ちますので、よく処方されます。しかし、薬物治療を行っても改善が見られない場合は、手術による治療を行う必要があります。実際には患者の9割以上は手術をしませんが、あまりにも発症がひどい場合は考慮する価値はあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 メニエール病の原因を追求する【健康アップ委員会】 All Rights Reserved.