医者

メニエール病の原因を追求する【健康アップ委員会】

ストレス性の疾患

天気予報が参考になります

hospitale

ストレスが誘因となる病気として知られているのが、メニエール病です。メニエール病は明確な原因が掴めていない病気ですが、内耳のむくみがめまいや難聴の症状を引き起こしていると言われています。最近ではこういったむくみが起こりやすい条件がある程度分かってきており、予め対策を立てることも可能です。メニエール病は一般的に気圧の変化の影響を受けやすいと言われています。天気が崩れる前や低気圧が近づいている時には実際発作が起こることが多いです。従って天気予報をこまめにチェックしておくことが早目に対策を立てるコツとなります。発作が起こりそうな気候条件を把握することが、メニエール病では大切です。気候を精密に捉えられる専用機器を利用するのも一つの方法となります。

専門医が治療を行ないます

メニエール病はストレスなど心の問題がかなりの確率で関係している病気です。そのため治療を行なう上では、耳鼻咽喉科と共に心療内科も適した診療科となります。心療内科医は心と体の症状の関わりを特に注意して観察することから、メニエール病の原因となっている根本的な問題も把握しやすくなるのがメリットです。心療内科医の場合には、生活面にも適切なアドバイスをすることが出来ます。避けた方が良い環境やストレスへの対処法などを相談することも可能で、大きな安心感が得られるのが人気の一因です。より原因に迫れるのがこのような心療内科の優れた点であり、原因不明のメニエール病の治療では特に力を発揮している診療科と考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 メニエール病の原因を追求する【健康アップ委員会】 All Rights Reserved.